• ホーム
  • ヒルドイドは赤ちゃんにも使える?

ヒルドイドは赤ちゃんにも使える?

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも刺激に弱いので、ケアしてあげる必要性が高いと言えます。そこでヒルドイドを使うことは非常に有効です。ヒルドイドは刺激性の強い成分を含んでいないので、赤ちゃんに使っても問題が無いとされます。実際の病院でヒルドイドを使った赤ちゃんのスキンケアが紹介されることもあります。赤ちゃんにヒルドイドを使ってケアをするときは、まず適量を手に取って塗布したい箇所に少しずつ付けていきます。その後手のひらで均等に伸ばしていくだけで完了となります。乳児の手に塗ると、乳児がそのまま間違って口に入れてしまう可能性があるので注意しておきましょう。

アトピー性皮膚炎になっていると皮膚バリア機能が大幅に下がることになります。その結果、外からの刺激に過剰な反応をしてしまうこともあります。それが肌トラブルや将来的なシミなどに繋がるケースも珍しくありません。皮膚バリアを回復させてあげるためにもヒルドイドを使うことは非常に有効となります。

赤ちゃんに塗るときには軟膏タイプとクリームタイプ、ローションタイプのいずれを選ぶかが重要となります。赤ちゃんに塗る際に特に有効なのがクリームタイプです。クリームタイプであれば乾くまでのスピードが速く、適度に伸ばすことも出来るのでよく動く赤ちゃんにうってつけと言えるでしょう。塗る範囲が極端に広い場合はローション、傷にケアをしたい場合は軟膏といったように使い分けることが有効です。

新生児から乳幼児になるまでの間には皮脂量が徐々に変わっていくことが分かっています。保湿剤を使用する際にはその時の皮脂量に合っているものを使うことが重要となります。新生児のほほやあごの皮脂量は成人の4分の1もありません。そのため、刺激に対して非常に弱いことが分かります。しかし、頬やあごに保湿剤を塗るとそれを赤ちゃんが何らかの形で口に入れてしまう可能性があります。それゆえに保湿剤を選ぶ際には万が一口に入れても問題のないものを選ぶようにしましょう。一方で額には成人とそれほど変わらないほどの皮脂量があります。つまり、赤ちゃんの額とほほを同じように保湿した場合、非常にバランスが悪くなってしまう可能性があるということです。皮脂の少ない場所を中心に保湿剤を塗ることが重要と言えるでしょう。

ヒルドイドは乳児に使っても問題無しの製品ですが、使用する前には念のため医師に確認を取ることも大切です。体調や様子などにより、使用するべきクリームが異なる可能性があります。その時期ごとに合った保湿剤を使うことで乳児の肌が健康に保たれることになります。成長するに伴って肌の状態にも変化が現れます。アトピー性皮膚炎にかかっている場合は特に慎重なケアをする必要があると言えるでしょう。塗布した後に万が一異変などが起こった場合は保湿剤の使用を中断し、医師の診断を受けることが重要となります。問題無しとされているからと言って使い過ぎは禁物です。そのようなことをしても効果が増すことはなく、むしろ逆効果になることもあります。