• ホーム
  • ヒルドイドがニキビ跡に効く原理とは?

ヒルドイドがニキビ跡に効く原理とは?

美しい女性

ニキビよりも遥かに治すのが難しいとされるのがニキビ跡です。ニキビの跡はニキビが何らかの理由で円滑に治らなかった結果、残ってしまった痕跡のことを言います。ニキビ跡に見えるところでは内出血が起こっています。ヒルドイドには血行促進の効果があるので、内出血を改善することが出来ます。その結果、ニキビ跡が治るということに繋がります。色素沈着を引き起こしてシミのようになってしまった場合でも、ヒルドイドで代謝促進をすることによって直る可能性が高まります。

ニキビ跡と一口に言ってもいくつかの種類があります。中には赤みが軽く残るというものから、クレーター状になってしまうものまで存在します。その種類によって治りやすさが異なっていますが、いずれに対してもヒルドイドの効果が良い影響を与えます。赤みが軽く残っている程度の状態であれば、ヒルドイドの抗炎症作用により改善できる可能性が高いです。まずは1か月程度塗りつづけることで試してみるのが有効となります。肌のターンオーバーの間、常に使い続けていないと効果が薄れてしまうので毎日忘れずに塗るようにしましょう。保湿力も赤みを改善するために役立ちます。塗布する前には肌を洗うのが有効ですが、その時に熱湯は使わないようにすることが大切です。熱湯を使うことにより、肌に負担をかけてしまう恐れがあるのでぬるま湯を使うことが重要となります。

最も治すのが難しいとされるのがクレーター状のニキビ跡です。クレーター状になってしまうのは皮膚が鬱血しているからと考えられており、鬱血をいかに改善していくかが重要となっています。ヒルドイドで血行を促進し、抗炎症作用をもたらすことによって鬱血を治療できる可能性があります。しかし、クレーター状のニキビ跡を治すことは容易ではないため、長い時間をかけて塗っていくことが重要となります。

ヒルドイドに配合されているヘパリン類似物質は医薬品として使用されることも多い成分です。そのため、皮膚に出来てしまった傷にも大きな効果を発揮します。古傷がなかなか治らなくて困っているという場合にもお勧め出来ます。ただし、傷やニキビ跡が出来てから時間がかかればかかるほど治しにくくなってしまいます。それゆえに気になるキズやニキビ跡に気づいたときにはなるべく早めにヒルドイドを使用するようにしましょう。肌にダメージが加わると血液の成分がその改善のために働きます。通常であればそれで何事もなかったかのように治りますが、様々な要因が絡むことにより上手く収まらないケースがあります。その時に発生するのがニキビ跡や傷の痕跡です。そのような状態を放置したとしても、完全に治る可能性は高くありません。それゆえにヒルドイドなどを血行促進をすることが有効です。すぐに治る可能性は低いので、数か月、数年といったスパンでじっくりと塗布していくことが重要となっています。同時にビタミンを摂取することで効率がアップします。