• ホーム
  • タイでは処方なしでヒルドイドが買える!お土産にオススメ

タイでは処方なしでヒルドイドが買える!お土産にオススメ

日本では処方箋なしに購入することが難しいヒルドイドですが、海外の中には処方箋がなくても販売しているところがあります。その1つがタイです。タイではヒルドイドフォルテという製品がドラックストアなどで販売されており、誰でも簡単に購入することが出来ます。日本人がタイを訪れた際にヒルドイドフォルテをお土産として購入するケースも多いです。ヒルドイドフォルテには保水、血行促進、抗炎症という機能があります。つまり、通常のヒルドイドと同様の効果を得ることができます。乾燥肌や手荒れなどで困っている場合でも、症状を改善できる可能性が高いと言えるでしょう。火傷やニキビなど、なかなか消えない傷もヒルドイドフォルテで消える可能性が十分にあります。ヒルドイドフォルテは一般的なクリーム以上に保湿成分が多く配合されており、乾燥気味の方にはまさにうってつけです。

タイで売られているヒルドイドには2つの種類があり、それぞれ赤色と青色で区別されています。赤色は一般的なヒルドイドクリームであり、通常の機能を持ちます。特別な理由がなければこちらを購入するということでも問題はありません。青色は強化版となっていて、こちらをヒルドイドフォルテと呼びます。保湿成分が強化されている点がメリットと言えるでしょう。赤色の方はヘパリン類似物質の含有量が100gあたり300㎎含まれています。それに対して青色の方には100gあたり445㎎あたりのヘパリン類似物質が含まれており、何と赤色の約1.5倍も入っていることになります。赤色でも十分な保湿力がありますが、青色はそれ以上ということなので満足できる方も多いのではないでしょうか。

タイでヒルドイドを購入する大きなメリットとして価格が安いことが挙げられます。赤色と青色のどちらを購入したとしても1つあたり1,000円もかかりません。日本から購入した場合は2,000円以上かかることが多いので、いかにお得かが分かります。お土産に買ったとしても大きな負担になる可能性は低いと言えるでしょう。タイに頻繁に行っているという方は少ないかもしれませんが、訪れた際には安価で大量に入手するチャンスとなります。もしも、知り合いにタイに行くという方がいるのであれば、買ってきてもらうことも有効と言えるでしょう。保湿成分をたくさん配合している青色を買ってきてもらうことも有効です。

タイでヒルドイドを購入する際には赤色と青色の違いを把握しておくことが重要となります。どちらが合うか分からない場合は両方購入することも考えられます。両方を購入したとしても大きな費用にはならないからです。違いは保湿成分だけなので、どちらを選んでもそれほど問題はありません。タイ国内にあるドラックストアによって価格が少し異なるケースもあります。なるべく安価で購入したい場合は渡航前に大まかな価格を調べておき、安いところで買うことも重要と言えるでしょう。